とれんでぃぶろぐ

気になった情報を集めてお届け

コンビニで買う方がお得な物があるって知っている?

つい寄ってしまうコンビニエンスストア

余計なモノを買ってしまったり、コンビニで買うよりもスーパーで買った方が節約になるとわかっていても買ってしまったり…。

これが節約が上手くいかない原因だとわかっていても、なかなかやめられない!

コンビニでの買い物は無駄遣いになりやすいとはよく言われているけれどそれでも、

「ついコンビニの方が立ち寄りやすく、スーパーに行くのは広い店内を見て回ったり、レジに並んだりと逆に時間がかかりすぎて面倒で結局コンビニに行ってしまう。」

という人もいると思います。

この記事では、一見、無駄遣いの代名詞にも挙げられがちなコンビニでも実はお得な商品を紹介していきます。

 

 

コンビニで買ったほうが節約になる物3商品

1.コーヒー

仕事の合間や食後にちょっと一息つきたいときに一杯のコーヒーを飲みたくなる方は多いと思います。

以前はおいしいコーヒーといえば、カフェのお持ち帰りが定番でしたが、今ではコンビニでもできたてのコーヒーを購入することができます。

コーヒーの専門店であるスターバックスブレンドコーヒーは、ショートサイズ(240ml)で302円(税込)で販売されています。

しかし、これがコンビニではもっと安く買えます。

これらのコンビニカフェの同クラスの大きさのコーヒーは、150円ほど。

スターバックスと比べると約50%も安くなり、月20杯飲んだとすると約3000円の差になるのです。

ただし、淹れたてにこだわらないのであれば、缶コーヒーをまとめ買いした方が一本50円~80円程度とさらに節約できます。

自分がコーヒーの質にどれぐらいこだわりたいのか?を考えてみることでさらなる節約ができます。

 

2.スイーツ

また見逃せないのが、コンビニスイーツです。

各社コンビニは近年スイーツに力を注いでおり、お手頃価格で買えるスイーツが充実しています。

例えば専門店では、シュークリームはシンプルなものでも200円程度はしますよね。

しかし、コンビニなら100円程度です。ケーキも専門店なら500円ほどですが、コンビニでは300円ほどです。

それでいて実は専門店が監修であったり、旬の食材が使われていたりと、安いコンビニの商品だからといってあなどれません。

スイーツは節約をしている人にとっては購入をためらいがちな商品ですが、 甘いものがどうしても食べたくなったなら、コンビニのスイーツを購入するのはどうでしょう。

 

3.オリジナルブランド商品

そのほかでは、コンビニのオリジナルブランド商品も、節約につなげられます。

もともとオリジナルブランド商品は、自社用に企画することで国内ブランド商品よりも価格が抑えられているためお買い得となっています。

コンビニの場合、オリジナルブランドの冷凍食品が充実していて見逃せません。

とくにパスタなどは、まるでファミレスで食べるようなメニューも揃っています。

ワンコイン以下で買える商品も多く、外食と比べてオリジナルブランドの冷凍食品なら半額程度に節約できます。

また冷凍食品に加えてパウチのお惣菜も同様に値段と比較して質の高い商品が揃っています。

買い置きができるのもポイントです。

 

まとめ

よくコンビニは割高で節約する上ではあまり利用しないことが推奨されがちなところがありますが、コンビニならではな商品が隠れています。無理せずにコンビニを有効活用してみてはいかがでしょうか。